吉祥寺の内科、皮膚科、泌尿器科、アレルギー科  吉祥寺まいにちクリニック

           

採用情報

メニューを閉じる
   
オンライン診療 WEB予約 お問い合わせ

泌尿器科

休診日なくまいにち診療

平日19:30・土日祝18:00まで

吉祥寺駅北口1分

男性更年期障害


更年期障害というと中高年の女性に多いイメージがあるかもしれませんが、男性でも更年期障害に悩む方は多いものです。
近年では「男性更年期障害」という言葉も浸透しつつあり、患者数も増加傾向にあります。
しかし、身体的症状だけではなく精神的症状も現れるため、更年期障害であることを気付いていない方も少なくありません。
そこで、ここでは男性更年期障害について原因や症状など詳しくご紹介していきます。


男性更年期障害とは

男性更年期障害とは男性が発症する更年期障害で、LOH症候群とも呼ばれています。
めまいや発汗、頭痛、倦怠感、不眠などさまざまな不調が生じます。
どのような症状が現れるのか個人差があり、症状の強さも異なります。
「疲れがとれにくい」「何となく体がだるい」といった軽症であることも多いため、ただの疲労や加齢による体力の低下だと考えられてしまいがちです。
しかし、男性更年期障害は放っておけば症状が悪化するだけではなく、性機能障害やその他の病気を引き起こす可能性もあります。
そのため、身体や精神面の不調が続くような場合には、放っておかずに男性更年期障害の可能性も考えて医療機関に相談することをおすすめします。


男性更年期障害の原因

更年期障害というと更年期と呼ばれる40代以降の中高年に発症が多いと思われがちですがが、男性更年期障害では中高年だけではなく若年層でも発症することがあります。
そのため、加齢によって更年期障害を発症してしまうとは言い切れません。
男性更年期障害を発症する主な原因は、「男性ホルモンの減少」と「自律神経の乱れ」です。


 ・男性ホルモンの減少
男性はテストステロンという男性ホルモンが精巣より作られており、テストステロンにより男性らしい筋肉や骨の形成や性機能の維持、認知機能を高めることができます。
しかし、男性ホルモンの分泌が減少してしまうことで男性更年期障害が発症してしまいます。
男性ホルモンが減少する原因の1つは加齢です。
年齢を重ねると自然と男性ホルモンの分泌量は減っていきます。
40代を過ぎると男性ホルモンの分泌の低下が始まると言われており、中高年以降に発症が多い原因と言えます。
また、加齢だけではなく男性ホルモンが減少する原因には生活習慣やストレスも関係すると言われています。
日常生活おいて不安やストレスを感じることや、睡眠不足やバランスの悪い食生活などの生活習慣の乱れがあると脳から男性ホルモンの分泌を抑制する指令が出されるため、男性ホルモンが減少して更年期障害を発症するのです。
こうしたストレスや生活習慣の乱れは年齢に関係なく男性ホルモンに影響を与えるため、若年層でも更年期障害を発症する原因になると言えるでしょう。


・自律神経の乱れ
年齢に伴い男性ホルモンの分泌は減少しますが、誰もが更年期障害を発症するわけではありません。
男性ホルモンの分泌が減少してホルモンバランスが崩れれば、自律神経が乱れます。
循環器の動きを調整するための神経である自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つの神経のバランスを損なうことを自律神経の乱れと言います。
自律神経が乱れることで、自律神経失調症に似た抑うつや倦怠感、イライラ、集中力の低下といった精神症状が現れるようになります。
自律神経が乱れる原因は男性ホルモンの分泌減少だけではなく、ストレスや不規則な生活による血行不良も関係すると言われています。


男性更年期障害の症状

男性更年期障害の症状は大きく分けると、「身体的症状」「精神症状」「性機能障害」の3つに分けることができます。
症状や症状の強さには個人差がありますが、いくつかの症状が当てはまるような場合には更年期障害であることが疑われるでしょう。


 ・身体的症状
ホルモンの分泌が減少して自律神経が乱れれば、血管が拡張することで加熱による症状が見られるようになります。
主な症状は、発汗やほてり、動悸などが挙げられます。
また、男性ホルモンの分泌減少により筋力が低下するだけではなく、筋肉や関節に痛みが生じます。
また、倦怠感や疲労感なども感じやすくなり、寝ても疲れが回復しにくくなります。


・精神症状
更年期障害では精神症状が現れることも特徴です。
ホルモンや自律神経が乱れると、精神的に不安定になります。
気分が落ち込みやすくなり、不安症状や集中力の低下、イライラ、不眠といった症状が現れます。
うつ病と間違われるような症状も多く、精神症状で男性更年期障害を自己判断することは難しいでしょう。


・性機能障害
男性更年期障害特有の症状として、性機能障害が挙げられます。
勃起不全や性欲の減退といった性機能への症状が現れる場合があります。
これは、男性ホルモンが勃起など性機能への働きを活性化させる働きがあるため、減少することで性機能への影響が出てしまうのです。
また、膀胱の柔軟性が低下することで頻尿も起こりやすいといわれています。


・併発する可能性のある病気
男性ホルモンの分泌が減少することで生じる病気は男性更年期障害だけではありません。
テストステロンが減少すると筋力が低下することで脂肪が増えやすくなり、代謝も悪くなります。
そうすると、糖尿や高血圧、脂質異常などの生活習慣病も発症する可能性があるのです。
また、ホルモンや自律神経は血液循環にも関係しており、バランスが崩れることで血行不良を招く可能性もあります。
血行不良が悪化して動脈硬化が進行するような事態になれば、脳卒中や心筋梗塞といった命に関わる病気を引き起こすリスクも考えられます。
さらには、テストステロンの減少が認知機能を低下させることで認知症を引き起こす場合もあります。


男性更年期障害の検査および診断

男性更年期障害は、病院で検査及び治療することができます。
症状に合わせて内科や心療内科などで受診することもできますが、吉祥寺にある当院では泌尿器科での診察が可能です。
少しでも不調が続くようなことがあれば、病院で相談するようにしましょう。
問診で詳しい症状を伺い、男性ホルモンの分泌状態を確認するために血液検査を行います。
男性ホルモンの分泌量が減少しており、身体や精神的な症状が強く出ている場合には治療を開始します。
男性更年期障害の治療では男性ホルモンの補充療法が用いられますが、前立腺がんの場合にはがんが悪化する恐れがあります。
そのため、治療開始前には血液検査には前立腺がんの判定も行います。

当院では、男性更年期ドックにて男性更年期障害の診断を行っております(12000円 税込)。
男性更年期ドックにて男性更年期障害の診断となった方は、その後の男性ホルモンの補充療法による治療を保険診療で行っております。
※ドックの結果に応じて3ヶ月に1度、PSA(前立腺特異抗原)の検査を行うことがあります。

男性更年期ドックでは、男性更年期障害に関する問診票、男性ホルモンを始めとする各種ホルモンの採血などを行います。
男性ホルモンは日内変動があり、1日の中でも数値が大きく変化します。一般的に午前中の数値が高く、午後になるにつれて減少していきます。1日の中で最も数値が高い午前中、できれば11時までに血液検査を行い男性ホルモンの数値を確認しますので、男性更年期ドックをご希望の方は平日・土日祝ともに午前診療時間の一番でご来院いただきますようお願い申し上げます。


男性更年期障害の治療

男性更年期障害と診断された場合、「男性ホルモンの補充療法」と「生活習慣の見直し」を行います。
男性ホルモンの補充療法は、注射により減少しているテストステロンを補充する方法です。
ホルモンの補充によって必ず改善するわけではありませんが、症状の軽減が期待できます。
そして、男性ホルモンの減少は日常生活の習慣が関係していることも多いので、生活習慣を見直すことも大切です。
適度な運動を行うことで筋肉を動かせば、男性ホルモンの増加が期待できます。
また、バランスの取れた食生活や良質な睡眠は自律神経を整えてくれます。
ホルモンバランスや自律神経の乱れにはストレスも大きく関係するため、ストレスを抱え込まないようにすることも重要です。
疲労を感じる時には無理をせず、趣味など自分自身が夢中になれることを見つけてストレスを発散させましょう。

診療時間

土日祝
10:30-14:00
15:30-19:30
09:00-13:00
14:00-18:00

休診日なし

※受付は診療時間終了の15分前となります
※ご予約のない患者様ももちろん随時診察しております。
※午前診療時間は比較的空いております。
※お急ぎの場合は事前予約をお勧めいたします。

アクセス

マップ
                         

吉祥寺駅北口から徒歩1分
サンロード商店街の中

銀座まいにちクリニック
                 
住所東京都武蔵野市吉祥寺本町1-9-10 レインボービル2階
電話

TEL0422-29-3092

診療科目 内科・耳鼻科領域・皮膚科・泌尿器科・
性病科・アレルギー科・自費診療
診療時間
平日
10:30 ~ 14:00 / 15:30 ~ 19:30
土日祝
09:00 ~ 12:30 / 14:00 ~ 18:00
休診日 なし
電話・
オンライン診療
WEB予約 料金表