吉祥寺の内科、皮膚科、泌尿器科、アレルギー科  吉祥寺まいにちクリニック

           

採用情報

メニューを閉じる
   
オンライン診療 WEB予約 お問い合わせ

内科

休診日なくまいにち診療

平日19:30・土日祝18:00まで

吉祥寺駅北口1分

咳喘息


咳喘息とは

咳症状が出ると、風邪だと考える方も多いでしょう。
しかし、咳症状が長引く場合には「咳喘息」かもしれません。
風邪やインフルエンザの場合であれば咳などの症状は2週間前後で改善されてくるため、それ以上に長引くようであれば咳喘息が疑われます。
8週間以上慢性的に咳が続くような状態が咳喘息と定義されています。
喘息というと子供が発症するイメージがあるかもしれませんが、大人になってから発症するようなことも少なくありません。
子供の頃の喘息が改善したものの、大人になってから突然再発するようなケースもあります。
また、これまで喘息を発症したことがなくても成人してから引き起こすようなケースもあります。
当院の内科では、吉祥寺周辺にお住い・お勤めで咳喘息にお悩みの方にも多く通院いただいています。


咳喘息の原因

咳喘息は、アレルギーが関連していると考えられます。
ダニやホコリといったハウスダストや花粉、薬品などがアレルゲンとなり、吸い込んだり摂取したりすることでアレルギー反応として咳が発作的に出てしまいます。
また、風邪などの感染症やストレス、疲れ、気温や気候の変化、タバコの煙、飲酒などが引き金となって発作が起こることもあります。
咳喘息はいくつかの誘因が複雑に絡み合って発症することも多いことから原因を明確にすることは難しくなっているのです。
そのため、誘因と考えられるものを避けるようにすることが発作を起こさないようにする予防方法になります。


咳喘息の症状

咳喘息の症状の特徴は、咳症状だけが何週間も続くということです。
咳は痰の混ざらない空咳で、乾いたような咳のみが出ます。
咳以外の症状は出ませんが、咳がひどい時には嘔吐やめまい、胸の痛みなどを伴うこともあります。
咳喘息の場合は夜中から明け方にかけての時間帯に咳が出やすいことも症状の特徴です。
日常生活においては、温度差や体調などによって発作が誘発されます。
また、咳喘息の症状の場合は気管支喘息のようにゼーゼーやヒューヒューといった喘鳴が症状には現れません。
しかし、咳喘息を放っておくと気管支喘息へと移行してしまう恐れがあります。
喘鳴症状が現れたら、咳喘息が悪化して気管支喘息を発症していると考えられます。
気管支喘息に移行すると治すことが難しくなってしまうこともあるため、悪化する前に治療を開始することをおすすめします。


咳喘息の検査および診断

咳喘息の場合、咳症状がどれくらいの期間続いているのかヒアリングにて確認します。
アレルギー症状として咳が現れていることも考えられるため、アレルギーの有無を問診で確認したり、血液検査にてアレルギーを確認したりします。
咳症状は風邪や気管支喘息、胃食道逆流症、肺炎など多くの疾患において現れるもののため、咳喘息であることを確定するために検査をいくつか行う場合があります。
その場合にはレントゲンにて肺の状況を確認したり、肺機能検査を行ったりします。


咳喘息の治療

咳喘息の場合、気道が過敏な状態になっています。
そのため、気管支拡張薬やステロイド吸入薬を用いることで症状が緩和されます。
咳喘息によって狭くなっている気道を気管支拡張薬は気道を広げ、炎症を抑制することで咳を止められます。
しかし、きちんと炎症を抑制しなければ発作の誘発物質や体調によってすぐに再発してしまいます。
炎症を繰りかえしていれば、徐々に咳喘息から気管支喘息に移行してしまう可能性があります。
そこで、気道の炎症を抑制するためにステロイド吸入薬を用います。
症状が改善してもステロイド吸入薬を使ってしっかりと炎症を抑制することで、気管支喘息への移行を予防できます。
悪化させないためにも、早期治療開始と治療の継続が大切です。


咳喘息の注意点

咳喘息は咳だけが症状なので、最初は喘息であることに気付かないことも少なくありません。
そのため、風邪薬や市販の咳止め薬などで対応する人も多いですが、咳喘息の場合はそういった薬で効果は得られません。
咳が長引いるような場合には、早期に内科を受診しましょう。
発作が出て咳が強い時には、安静にします。
咳が出ている時に運動を続けたり会話を続けていたりすると、発作が悪化してしまう可能性があります。
日常では部屋が乾燥しないように湿度を調整したり、マスクをしたりするなどして喉を乾燥させないようにしましょう。
喉が乾燥するとウイルスや細菌感染を起こしやすくなり、発作の原因や症状悪化に繋がります。


咳喘息の予防方法

咳喘息の発作が起きないようにするには、日常生活の見直しを行うことが大切です。
アレルゲンが分かっている場合には、アレルゲンに触れないように日常的に気を付けましょう。
ハウスダストであればこまめに部屋の空気の入れ替えを行い、掃除も頻繁に行うようにします。
また、タバコの煙や気温の変化、運動など発作を起こしやすくなるような要因は避けます。
ストレスや体調不良なども発作の引き金になるので、日頃から体調管理にも気を付けるようにしましょう。

診療時間

土日祝
10:30-14:00
15:30-19:30
09:00-13:00
14:00-18:00

休診日なし

※受付は診療時間終了の15分前となります
※ご予約のない患者様ももちろん随時診察しております。
※午前診療時間は比較的空いております。
※お急ぎの場合は事前予約をお勧めいたします。

アクセス

マップ
                         

吉祥寺駅北口から徒歩1分
サンロード商店街の中

銀座まいにちクリニック
                 
住所東京都武蔵野市吉祥寺本町1-9-10 レインボービル2階
電話

TEL0422-29-3092

診療科目 内科・耳鼻科領域・皮膚科・泌尿器科・
性病科・アレルギー科・自費診療
診療時間
平日
10:30 ~ 14:00 / 15:30 ~ 19:30
土日祝
09:00 ~ 12:30 / 14:00 ~ 18:00
休診日 なし
電話・
オンライン診療
WEB予約 料金表