吉祥寺の内科、皮膚科、泌尿器科、アレルギー科  吉祥寺まいにちクリニック

           

採用情報

メニューを閉じる
   
オンライン診療 WEB予約 お問い合わせ

泌尿器科

休診日なくまいにち診療

平日19:30・土日祝18:00まで

吉祥寺駅北口1分

前立腺炎


排尿時の痛みや、尿意が頻繁に訪れるようになったという症状があれば、前立腺炎の可能性があります。
また、排尿や性器に症状が現れるだけではなく、高熱や倦怠感など全身にも症状が現れることがある疾患です。
前立腺は男性にのみ存在する臓器で、生殖器としての役割を果たす重大な部分です。
前立腺炎はさまざまな発症原因が考えられるため、自己判断で市販薬を使用するのではなく、病院で診断を受けて治療するようにしましょう。
当院の泌尿器科は、吉祥寺周辺にお勤めの方には通いやすい立地にあるため、仕事の合間や仕事帰りにも通院いただけます。


前立腺炎の原因

細菌感染と細菌感染以外のものの2種類に分けられます。
細菌感染が原因の場合、常在菌である大腸菌が尿道から前立腺へ到達して繁殖することで炎症を引き起こすことが大半です。
どのような経由で大腸菌が前立腺に到達しているのかは不明ですが、不衛生にしていることなどが原因として考えられます。
また、クラミジアなどの性感染症が原因になることもあります。

一方で、細菌感染以外の原因としては、自己免疫疾患が原因の1つとして挙げられます。
この場合には炎症を伴うことから痛みや発熱といった症状が現れます。
しかし、炎症を起こしていない前立腺炎の場合には、明確に原因が分からないことも多くなっています。
前立腺への刺激や、ストレスや風邪などによって体の抵抗力が低下していること、尿の逆流などが原因として挙げられます。


前立腺炎の症状

尿を出す時の痛みや頻尿、残尿感などが主な症状です。
排尿が近くなる症状とは反対に、尿の出が悪くなってしまうようなケースもあります。
また、性器だけではなく、関節や腰が痛むような場合もあります。
急性の細菌性前立腺炎の場合には排尿通などの症状に加え、発熱や倦怠感といった全身症状が現れます。
しかし、細菌感染以外が原因の慢性的な前立腺炎であれば症状が現れにくく、自覚症状がないことも多いです。


前立腺炎の種類

前立腺炎が起こる原因は細菌性と非細菌性に分かれますが、症状から「急性」と「慢性」の2種類に分けることができます。
急性と慢性では症状が異なるだけではなく、発症原因にも異なる点がみられます。

・急性前立腺炎
急性前立腺炎の場合は細菌感染が原因で起こることが多く、炎症によって全身症状が強く現れることが特徴です。
排尿による傷みや、前立腺の腫れだけではなく、高熱や倦怠感が発症します。
症状が悪化すると、前立腺が腫れることで排尿ができなくなったり、痛みから歩行困難に陥ったりすることもあります。
重症化が進めば敗血症を起こしてしまうこともあり、放置しておくことは非常に危険です。

・慢性前立腺炎
慢性前立腺炎の場合、細菌感染が原因の急性前立腺炎から慢性化して起こることもありますが、多くは原因不明です。
デスクワークや自動車の長時間運転など、長時間同じ座ったままの姿勢を続ける人に多く発症すると言われていることから働き盛りの年齢の男性に多く発症しています。
また、疲労やストレスなどによって抵抗力が低下していることで発症する場合もあります。
慢性前立腺炎では急性前立腺炎に比べると症状は軽く、発熱することはありません。


前立腺炎の検査および診断

問診で症状を確認した後、肛門から指を入れて前立腺を触診する直腸診を行います。
直腸診で前立腺に腫れや痛みが確認できれば、前立腺炎だと診断できます。
ただし、細菌性の疑いがある場合には直腸診を行いません。
また、尿検査によって細菌の有無も行います。


前立腺炎の治療

細菌性の場合は抗生物質の内服薬や点滴を用い、対症療法として鎮痛薬や排尿をサポートする薬を処方することもあります。
慢性前立腺炎の場合には、抗炎症作用のある薬や漢方薬など症状に合わせた薬を処方し、症状が改善されない場合には薬を変えていくといった長期的な治療が必要になります。
また、慢性前立腺炎では原因となり得る習慣を排除する必要があるため、生活指導も行われます。


前立腺炎の予防方法

前立腺炎はさまざまな原因や要因が絡み合っていますが、いずれにしても体の免疫機能が低下していれば発症しやすくなるものです。
そのため、日常的に免疫力を高めるように生活習慣を見直す必要があります。
規則正しい食事や十分な睡眠を心掛け、ストレスや過労は溜めないようにしましょう。
また、前立腺炎を引き起こすリスク因子は取り除くようにします。
アルコールの摂取や体が冷えるようなことは避け、長時間同じ姿勢で座り続けないようにします。
仕事などで同じ姿勢が続くような場合には、小休憩を挟んでストレッチや立ち上がって姿勢を変えるなどの工夫をしてください。

大腸菌などの雑菌が繁殖しないように、陰部の清潔を保つようにすることも大切です。

診療時間

土日祝
10:30-14:00
15:30-19:30
09:00-13:00
14:00-18:00

休診日なし

※受付は診療時間終了の15分前となります
※ご予約のない患者様ももちろん随時診察しております。
※午前診療時間は比較的空いております。
※お急ぎの場合は事前予約をお勧めいたします。

アクセス

マップ
                         

吉祥寺駅北口から徒歩1分
サンロード商店街の中

銀座まいにちクリニック
                 
住所東京都武蔵野市吉祥寺本町1-9-10 レインボービル2階
電話

TEL0422-29-3092

診療科目 内科・耳鼻科領域・皮膚科・泌尿器科・
性病科・アレルギー科・自費診療
診療時間
平日
10:30 ~ 14:00 / 15:30 ~ 19:30
土日祝
09:00 ~ 12:30 / 14:00 ~ 18:00
休診日 なし
電話・
オンライン診療
WEB予約 料金表