吉祥寺の内科、皮膚科、泌尿器科、アレルギー科  吉祥寺まいにちクリニック

           

求人

メニューを閉じる
   
オンライン診療 WEB予約 お問い合わせ

自費診療

休診日なくまいにち診療

平日19:30・土日祝12:30まで

吉祥寺駅北口1分

AGA(男性型脱毛症)


薄毛や抜け毛で悩まされている男性は、AGAの可能性があります。
近年はTVCM等でAGAという文字を見聞きすることも増えているかと思いますが、改めてAGAとはどのような症状なのか、原因や症状、さらには検査・治療方法等についてご紹介します。

AGAとは男性型脱毛症を意味するAndrogenetic Alopeciaの略称です。
いわゆる薄毛や抜け毛はAGAに起因するものも多いです。
特に頭頂部、おでこの生え際のライン、M字部分の薄毛はAGAの可能性が高いです。


AGAの原因

AGAは男性ホルモンの影響が強い症状です。
「男性型脱毛症」と称されているのも、男性ホルモンが働くことで抜け毛や薄毛を促進してしまう症状だからこそです。

AGAは、男性ホルモンの一種、「テストステロン」が還元酵素である5αリダクターゼと結合することで「ジヒドロテストステロン」へと変化することで生じる脱毛症状です。
テストステロンも5αリダクターゼも、それぞれ役割があるのですが、これらが結合してできるジヒドロテストステロンが抜け毛の原因です。
ジヒドロテストステロンは一本一本それぞれの毛に設定されているヘアサイクルを乱します。
毛の成長は毛母細胞の分裂によって行われるのですが、ジヒドロテストステロンは毛母細胞の分裂を阻止。
結果、ヘアサイクルが乱れることで、抜け毛を促進してしまいます。


ヘアサイクルとは

ヘアサイクルとは、髪の毛だけではなく、すべての「毛」に設定されているものです。
成長期、休止期、退行期の3つの期間が設定されており、成長期に成長した毛は休止期を経て退行期に抜けていきます。
これが自然なサイクルなのですが、ジヒドロテストステロンの影響によってヘアサイクルが乱れると、成長期が短くなり、成長しきっていない毛が休止期や退行期となってしまうことで、毛が細いまま抜けてしまいます。


男性ホルモン以外が理由のAGAも

AGAはテストステロンと5αリダクターゼの結合によって生まれるジヒドロテストステロンの影響だけではなく、他の要因も挙げられています。
その最たるものがライフスタイルです。
偏った食生活や睡眠・運動不足、さらにはストレスなど体に悪いとされているものは、少なからず髪の毛にも悪影響を及ぼすのではないかとされています。


AGAの症状

AGAはヘアサイクルが乱れることで、抜け毛が増える状態を指します。
本来であれば成長する段階にある毛が、ジヒドロテストステロンの影響によって成長を阻害され、強制的に休止期・退行期となってしまいます。
そのため、AGAは毛が抜けるだけでは無く、毛が細くなる症状も見受けられます。また、AGAは悪循環に陥る可能性のある症状です。
抜け毛が増えて薄毛が加速すると、精神的な不安・ストレスが増幅し、それらが更なる抜け毛を招くケースです。


AGAの検査および診断

AGAの診断方法として、問診、さらには血液検査が挙げられます。
確実性が高いのは血液検査です。血液成分から男性ホルモン等の働きを判別できますので、AGAなのかを高い確率で判断します。
また、それまでのノウハウが豊富な担当医であれば、症状等を見てAGAだと判断するケースもあります。
胸毛が生えている、主にヒゲを含めて体毛が濃い、側頭部が縮れ毛といった特徴に当てはまる場合、血液検査を行うまでもなくAGAだと診断されるケースもあります。


AGAの治療

AGAの治療としては主に下記が挙げられます。
症状やAGAの進行具合によって適切な治療は異なりますが、どのような治療が用意されているのかは、患者としての選択肢になりますので覚えておきましょう。

フィナステリド
AGAの基本的な治療がこちらです。
フィナステリドによって5αリダクターゼの働きを抑制し、テストステロンのジヒドロテストステロンへの変化を阻害することで抜け毛抑制に繋がります。
勘違いされている部分もあるのですが、フィナステリドの役割は抜け毛の抑制であり発毛促進剤ではありません。
ジヒドロテストステロンを生まないことで、ヘアサイクルの乱れを防止。健全なヘアサイクルを保つことで抜け毛の抑制に繋がります。
そのため、まだまだ新陳代謝が活発な若年世代の患者の場合、フィナステリドの服用だけで髪の毛の状態が元に戻るケースもあります。

若年層の場合、発毛力がなくなってしまったのではなく、発毛力を上回る脱毛力のおかげで抜け毛が増えているケースが多いです。
つまり、脱毛力をフィナステリドによって抑制することで、発毛力が邪魔されることなく健全に発揮され、髪の毛の状態が元に戻るのですが、これが「発毛剤」だと勘違いされている理由の一つです。
フィナステリドはあくまでも抜け毛の抑制のための薬です。

ミノキシジル
脱毛を抑える働きを持つフィナステリドに対し、発毛を促進するのがミノキシジルです。
元々ミノキシジルはAGA治療のために開発されたものではなく、血管拡張剤として用いられていたものですが、発毛効果が確認されたことでAGA治療に転用されているという事実があります。

ミノキシジルは塗るタイプと飲むタイプが用意されており、塗るタイプは薄毛や抜け毛が気になる部分に塗布することで、塗布した部分の血管を広げることでの血管拡張による血流増大が発毛効果の促進をもたらします。

一方、飲むタイプのミノキシジルは全身の血管拡張を促進することで、全身の毛を濃くします。
そのため、飲むタイプのミノキシジルは狙ったポイントのみの発毛効果をもたらすのは難しいのですが、発毛効果という点では飲むタイプのミノキシジルの方が効果が高いとされています。

メソセラピー
発毛に良いとされている幹細胞から抽出した成長因子を頭皮の気になる部分に直接注入する治療法です。
フィナステリドやミノキシジルと比較すると即時性がメリットですが、それらの治療薬と比較すると高額です。
抽出する成分の違いから、HARG療法と呼ばれる治療法もありますが、こちらも基本的には幹部に直接栄養成分を注入する治療です。


AGA治療は早い方が良い?

AGA治療は早く開始した方が良い治療です。
なぜなら、風邪や頭痛といった体調不良のように、自然に改善する可能性が低い症状です。
ストレスの軽減や生活習慣の改善によっていつしか薄毛が改善される可能性もゼロではありませんが、より早く効果をと思ったらAGA治療を積極的に、そして早く受けた方が良いでしょう。


AGA治療を受けるクリニックについて

昨今、「AGA治療を行っている」と謳っている病院は増えていますが、その実情はプロペシアの処方を行っているだけのケースが珍しくありません。
本当にAGAなのかや、治療の選択肢をと考えているのであれば、ある程度AGAの治療に力を入れているクリニックを選んだ方がよいでしょう。
選択肢が用意されているクリニックであれば、少なくとも「プロペシアを飲むか否か」だけではなく、どのような治療を受けるのかなど様々な選択肢が待っています。


AGA治療の注意点

基本的にAGA治療は自由診療になります。保険適用治療ではありませんので、いずれの治療も保険診療よりは高額治療になります。
但し、プロペシアやミノキシジル、さらにはメソセラピー等、いずれも提供するクリニックによって価格に違いがあります。
値段も大切な判断材料の一つになるかと思いますので、治療の前に費用を問い合わせておくとよいでしょう。

診療時間

土日祝
10:30-14:00
15:30-19:30
09:00-12:30

休診日なし

※受付は診察時間終了の30分前までとなります
※混雑状況によって受付を時間より早く終了することもありますので余裕をもってご来院ください
※開扉は診療時間開始の5分前となります

アクセス

マップ
                         

吉祥寺駅北口から徒歩1分
サンロード商店街の中

銀座まいにちクリニック
                 
住所東京都武蔵野市吉祥寺本町1-9-10 レインボービル2階
電話

TEL0422-29-3092

診療科目 内科・耳鼻科領域・皮膚科・泌尿器科・
性病科・アレルギー科・自費診療
診療時間
平日
10:30 ~ 14:00 / 15:30 ~ 19:30
土日祝
09:00 ~ 12:30
休診日 なし
電話・
オンライン診療
WEB予約 料金表