吉祥寺の内科、皮膚科、泌尿器科、アレルギー科  吉祥寺まいにちクリニック

           

求人

メニューを閉じる
   
オンライン診療 WEB予約 お問い合わせ

内科

休診日なくまいにち診療

平日19:30・土日祝18:00まで

吉祥寺駅北口1分

高血圧


運動をした時や、気温の変化で一時的に血圧が上昇することがありますが、高血圧では常に血圧の高い状態が続きます。
高血圧とされる診断の基準は140/90mmHg以上となり、家庭用血圧測定器の場合は135/85mmHg以上です。
これらの基準は、日本高血圧学会による高血圧治療ガイドラインに定められています。
高血圧は進行すれば、脳梗塞や心筋梗塞などの合併症を引き起こす可能性があるため、できるだけ早い段階で対処することが大切です。


高血圧の原因

何らかの原因で血圧をコントロールできない状態になると、血圧が高くなっている状態から下げることができなくなります。
そうすると、高血圧が続いてしまうことになってしまいます。
高血圧になるメカニズムは、血液量や血液の状態などが関係しています。
血液は心臓から送り出されていますが、血液が血管の壁を押す力強くなるほど血圧が高くなります。
血液量が増加していたり、血液の状態がドロドロになってしまっていたりすると血管が圧迫されることで高血圧になってしまいます。
これらが起こる根本的な原因は明確になっていませんが、食生活や運動不足などの生活習慣や、老化が影響していると考えられています。
また、場合によっては病気が原因で高血圧を引き起こしているような可能性もあります。


高血圧の誘因

「食生活の乱れ」は高血圧の誘因の代表的なものといえます。
塩分の多い食事や、栄養バランスの悪い食事が誘因になるのです。
過食や消化不良も粘り気のある血液を作る原因となるため、高血圧に繋がる可能性があります。
また、適度な飲酒はリラックス効果によって血圧を下げると言われていますが、過度の飲酒になると興奮状態を作ることで血圧を上、過度の飲酒は高血圧の誘因の1つとされています。
連日飲酒をするような習慣がある場合にも血圧は上がりやすいので注意が必要です。
運動不足になると、血行が悪くなってしまいます。
それ以外にも、「運動不足」も高血圧の誘因の1つです。全身に血液を届けるには運動が必要ですが、運動不足が続けば全身に血液が行き届きません。
そうすれば、血液量は増えているのに血液が行き渡っていない状態になるため、血管が圧迫さることで高血圧を引き起こします。
そして、現代の人に高血圧が増加している原因の1つは「ストレス」です。
ストレスがあると、自律神経に影響を与えます。
自律神経は血流をコントロールしているので、自律神経の乱れによって血圧のコントロールもバランスを崩してしまいます。


高血圧の種類

高血圧の種類は、「本能性高血圧」と「二次性高血圧」の2種類に分けられます。
本能性高血圧は、体質的に高血圧になりやすい人が高血圧の誘因となるような行動をすることで高血圧を発症することを指します。
高血圧の誘因となることとは、塩分の取りすぎや喫煙、飲酒、ストレス、運動不足などの生活習慣や老化が挙げられます。
日本人の高血圧の多くは本能性高血圧であると言われています。
一方で、二次性高血圧は病気が原因で起こる高血圧です。
二次性高血圧の原因となる病気は、腎血管性高血圧や睡眠時無呼吸症候群などが挙げられます。


高血圧の症状

高血圧の数値が出ているからといっても、特別な症状がないことが多いため、知らない間に進行していくことが多くなっています。
高血圧の人の血圧が高度に上昇した場合には、頭痛やめまい、息切れなどの症状が出ることもあります。
高血圧の状態を放っておくと、血管が硬くなってしまう動脈硬化を引き起こします。
すると、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞、狭心症といった重大な合併症を引き起こす恐れがあります。


高血圧の検査および診断

血圧は一日の中でも変動があるため、病院で行う1回限りの血圧測定の結果だけでは高血圧の判断が難しい場合もあります。
そのため、ご自宅で血圧測定を行っていただき、結果を比較します。
高血圧であると判断される場合には、まず二次性高血圧であるかどうか確認するための検査を行います。
行われる検査は病検査や血液検査、超音波検査などが挙げられます。
二次性高血圧の疑いがある場合には、さらに精密な検査が必要になります。


高血圧の治療

高血圧の治療では、高血圧が続くことで起こる脳卒中などの合併症が発症することが目的となります。
高血圧の治療では、薬物治療を行います。
血圧を下げる降圧薬を用いながら、生活習慣の改善を行うことで血圧を下げます。
二次性高血圧の場合には、原因となる病気の治療から行います。
当院の内科では、健康診断などで高血圧と判断された吉祥寺周辺でお勤めの方などにも多くご相談いただいています。


高血圧の予防方法

高血圧であるかどうかに関わらず、生活習慣の改善を行うことが大切です。
とくに生活習慣の中でも食生活の乱れは高血圧に大きく影響を与えます。
塩分の多い食事は血液量を増やす原因になるため、塩分は1日6gほどに抑えるようにしましょう。
野菜や果物を多く取るように心掛け、肥満の人はカロリー制限をして体重を減らすことで血圧が下がる可能性があります。
全身に血流を巡るようにするには、適度な運動も必要です。
また、ストレスは溜めこまないようにし、疲れている時には無理せずに休むようにしましょう。

診療時間

土日祝
10:30-14:00
15:30-19:30
09:00-13:00
14:00-18:00

休診日なし

※受付は診療時間終了の30分前となります
※ご予約のない患者様ももちろん随時診察しております。
※午前診療時間は比較的空いております。
※お急ぎの場合は事前予約をお勧めいたします。

アクセス

マップ
                         

吉祥寺駅北口から徒歩1分
サンロード商店街の中

銀座まいにちクリニック
                 
住所東京都武蔵野市吉祥寺本町1-9-10 レインボービル2階
電話

TEL0422-29-3092

診療科目 内科・耳鼻科領域・皮膚科・泌尿器科・
性病科・アレルギー科・自費診療
診療時間
平日
10:30 ~ 14:00 / 15:30 ~ 19:30
土日祝
09:00 ~ 12:30 / 14:00 ~ 18:00
休診日 なし
電話・
オンライン診療
WEB予約 料金表