吉祥寺の内科、皮膚科、泌尿器科、アレルギー科  吉祥寺まいにちクリニック

           

採用情報

メニューを閉じる
   
オンライン診療 WEB予約 お問い合わせ

泌尿器科

休診日なくまいにち診療

平日19:30・土日祝18:00まで

吉祥寺駅北口1分

淋病


排尿をする時に痛みを感じたり、膿のようなものが出ていたりすれば「淋病」かもしれません。
性感染症の中でも淋病はクラミジアと並んで感染者が多いとされており、一度感染しても抗体ができないことから再感染するような場合もあります。
淋病は放っておけば感染を拡大させるリスクがあるだけではなく、前立腺炎や子宮内膜円など他の病気を引き起こす可能性もあります。
そのため、パートナーと共に早期治療を行うことが大切です。
当院の泌尿器科では性感染症かもしれないと悩む吉祥寺周辺にお勤めの方などにもお仕事の合間にご来院いただいています。

保険診療だと診察代や薬代が保険適応になるので、3割負担で淋病の検査や治療が受けられ自費診療よりも圧倒的におサイフに優しいです。


淋病の原因

淋病は、淋菌という細菌に感染することで発症します。
淋菌自体はとても弱い菌なので、日光や温度差、乾燥によって死滅してしまいます。
しかし、人間の粘膜にいる間は生存できるという特性があります。
そのため、粘膜に寄生しながら感染を広げていくのです。
淋菌に感染すると、感染した部位から菌が男性であれば精巣、女性であれば子宮頚管へと移動して炎症を起こすこともあります。


淋病の感染経路

淋菌は粘膜から離れれば生存できないため、人の粘膜と粘膜の接触によって感染します。
つまり、性行為や性行為に似た行為によって感染するということになります。
そのため、男性は尿道や肛門に感染することが多く、女性は膣に感染しやすくなっています。
一度の性行為で淋菌が感染する確率は40%前後といわれており、高い確率で感染の危険があることから感染者が増加傾向にあります。
淋菌は性行為によって口の粘膜に感染することもあるため、喉に発症することもあります。
ただし、キスや飲み物・食べ物を一緒に食べることで感染するリスクは低いとされています。
また、出産時に母体が淋菌に感染していれば、赤ちゃんに感染してしまう場合もあります。


淋病の症状

淋病に感染すると、2~7日間ほどの潜伏期間を経て発症します。
感染部位によって生じる症状は異なり、女性が膣に感染した場合は自覚症状がないことが多いと言われています。


淋病の種類

・淋菌性尿道炎

淋菌性尿道炎は、尿道から淋菌が侵入して炎症を起こす疾患です。
女性は男性よりも尿道が短いため、淋菌性尿道炎は男性に多く発症します。
尿道が炎症を起こすため、排尿時の痛みや、かゆみ、尿道口が赤く炎症していることが確認できます。
また、白血球の残骸が尿道より排泄されるため、黄白色の膿のような分泌物が出てきます。
淋菌性尿道炎を放っておくと、感染が広がって精巣上体炎を引き起こす可能性があり、不妊に繋がる恐れもあります。


・咽頭淋菌

性器から口腔内の粘膜に淋菌が感染することを咽頭淋菌といいます。咽頭淋菌を発症すれば咽頭炎に似たような症状が現れ、喉の痛みや腫れ、発熱などの症状が出ます。
ただし、ほとんど症状が出ないというケースも多く、感染に気付けないことも少なくありません。


・淋菌性結膜炎

目に淋菌が感染することを淋菌性結膜炎といいます。
成人の場合は性器分泌物が目に入ってしまうことで感染してしまいますが、赤ちゃんの場合は母体感染が原因で発症します。
淋菌性結膜炎を発症すると、瞼が腫れあがり、クリーム状の濃い膿が出たりします。
重症化すれば失明する危険もあります。


淋病の検査および診断

問診や視診で淋病が疑われる場合、尿検査が行われます。
咽頭淋菌の場合には、喉の検体を採取するか、うがい液を検体として検査を行います。
淋菌以外にもクラミジアなど他の性感染症を併発している可能性がある場合には、さらに追加で検査を行うこともあります。
検査結果が出るまで数日〜1週間ほどかかるため、症状がはっきりと出ている場合などは結果が前に治療を行います。


淋病の治療

淋菌性尿道炎や咽頭淋菌の場合には、抗生物質の内服もしくは点滴による投薬、注射薬の治療のどれか選択して行います。
淋菌に抗生物質への耐性がある場合には一度の治療では効果が得られない場合もあるので、再検査で確認する必要があります。
また、淋菌性結膜炎の場合には点眼タイプの抗菌薬を用いながら、薬の内服も併用します。


淋病の注意点

淋病は性行為で感染するため、感染が発覚した場合にはパートナーも検査を受ける必要があります。
もしパートナーに症状が出ていない場合でも、感染している可能性があるので病院で検査を受けることをおすすめします。
そして、ピンポン感染しないようにパートナーと同時治療することが望ましいです。
また、治療によって症状が改善してきたとしても自己判断で治療を止めないようにしてください。
途中で治療を中断すれば、淋菌が再び活性化する可能性もあります。
尿検査によって淋菌の消失を確認するまでは完治したと考えずに、医師の指示に従って治療を続けましょう。
日常的にコンドームを使用することで淋菌の予防に繋がります。

診療時間

土日祝
10:30-14:00
15:30-19:30
09:00-13:00
14:00-18:00

休診日なし

※受付は診療時間終了の15分前となります
※ご予約のない患者様ももちろん随時診察しております。
※午前診療時間は比較的空いております。
※お急ぎの場合は事前予約をお勧めいたします。

アクセス

マップ
                         

吉祥寺駅北口から徒歩1分
サンロード商店街の中

銀座まいにちクリニック
                 
住所東京都武蔵野市吉祥寺本町1-9-10 レインボービル2階
電話

TEL0422-29-3092

診療科目 内科・耳鼻科領域・皮膚科・泌尿器科・
性病科・アレルギー科・自費診療
診療時間
平日
10:30 ~ 14:00 / 15:30 ~ 19:30
土日祝
09:00 ~ 12:30 / 14:00 ~ 18:00
休診日 なし
電話・
オンライン診療
WEB予約 料金表